ごとうらんの日々の「ひとりごと」
/

9/13 誰かのお母さんの味

ご近所の定食屋さんへGO。

アットホームでちょっと洒落てる。

ホッとするご家庭の味。

厨房の奥をチラ見すると、確かにお母さん(誰かの)的な女性が作っている様子。

 

カレー、コーヒー、タピオカ、担々麺、そして麻婆豆腐。

に目がないワタクシは、中華料理屋さんじゃほぼ100%の確率で麻婆豆腐を頼むんだけど、家庭料理系のこのお店にも麻婆豆腐が。

頼むっきゃないよね。

そしてやっぱり美味しいよね。

お母さん(私の)が作ってくれた麻婆豆腐みたいに優しい味がする。

粗挽きのひき肉たっぷりでちょっと甘め。

ご飯が、ご飯が、すすむくん。

 

ごっちょさまでした。

誰かのお母さん。

PLAYER

このコンテンツを手がける人

ごとうらん

ごとうらん

編集長・パラノアのボーカル・クリエイター

sessions for you

あなたに見てほしいコンテンツたち

ごとうらんの日々の「ひとりごと」

5/19 それはいくら何でもマズいって!

  • どこでも
  • ごとう らん
  • ごとうらんの日々の「ひとりごと」
...
ごとうらんの日々の「ひとりごと」

8/13 旧軽井沢にある茜屋珈琲店にて、文豪気分でコーヒーを味わう

  • どこでも
  • ごとう らん
  • ごとうらんの日々の「ひとりごと」
...
ごとうらんの日々の「ひとりごと」

6/10 羊毛フェルトで未知の生物をつくる

  • どこでも
  • ごとう らん
  • ごとうらんの日々の「ひとりごと」
...
ごとうらんの日々の「ひとりごと」

4/27 235番のお客さま in トイレット

  • どこでも
  • ごとう らん
  • ごとうらんの日々の「ひとりごと」
...
Read More
見てたのしむ