ごとうらんの日々の「ひとりごと」
/

8/31 呼ばれる距離が縮まって、緊迫感が一気に高まる「おい、お茶」について

朝、最寄駅の自販機で飲み物を買いがちな、ごとうです。

今朝も御多分に洩れず自販機の前に立ったら、ふと、気になるボトルが。

 

「お〜い、お茶」のスピンオフ的なお茶。

「新緑」というらしい。なんて爽やかな。

 

いやいや、そこじゃないんだ気になったポイントは。

アップの写真の英語で表現された部分をよく見て欲しい。

 

 

「おい、お茶」。

 

 

「おい。」

って言っちゃってるよね、これ。

「お〜い」だとある程度、距離があることが想定されるせいか、なんだか柔らかくてのどかなイメージなのに、

「おい」ってなっちゃうと、胸ぐらを掴むような緊迫感が一気に高まる。

 

これを仕事場の人に話したら、

「英語にするんだったら、いっそのこと『ハーイ(Hi)オチャ』でもいいですよね。」

確かに。それ…面白い。

「いいですね。更に『お〜い』感を出したいなら、『ヘーイ(Hey)ティー(Tea)」とかも、ニュアンス損なわずに伝わりそうですね。」

などといった、どうでもいい談義が繰り広げられた。

 

 

どうでしょうかね、伊藤園さん。

「Oi Ocha」改め、「Hey Tea」。

オリンピックも控えていますし、

インバウンド対策に。

いっそのこと。

PLAYER

このコンテンツを手がける人

ごとうらん

ごとうらん

編集長・パラノアのボーカル・クリエイター

sessions for you

あなたに見てほしいコンテンツたち

ごとうらんの日々の「ひとりごと」

5/25 ポッキリ

  • どこでも
  • ごとう らん
  • ごとうらんの日々の「ひとりごと」
...
ごとうらんの日々の「ひとりごと」

6/10 羊毛フェルトで未知の生物をつくる

  • どこでも
  • ごとう らん
  • ごとうらんの日々の「ひとりごと」
...
ごとうらんの日々の「ひとりごと」
ごとうらんの日々の「ひとりごと」

9/9 近所のノスタルジック祭りに初参戦

  • どこでも
  • ごとう らん
  • ごとうらんの日々の「ひとりごと」
...
Read More
見てたのしむ