ひとりおでかけガイド
/
代官山・恵比寿

恵比寿「マルゴデリ エビス」は、身体にやさしい飲み物がたーくさん!

Address
渋谷区恵比寿西1-17-1 プルミエール恵比寿 1F-A
Phone 1

ふぅ。

仕事が終わってホッと一息。

残業という残業はなく、まだ7時をまわったあたり。

 

週の中程、まだ明日もある。

だけど体力と気力が身体の周りをぐるぐるしていて、まっすぐ帰るにはちょっともったいない。

 

そんな夜は歩くに限る。

いろんな情報が緩やかに目から頭に飛び込んできて、モヤモヤやらドロドロが中和される。

夜風にさらされて、頭がスッキリと冴えてくる。

中途半端になっていたアイデアが思わぬところでつながってゆく。

その時間、まさに、プライスレス。

お金で買えない価値がある。

買えるものは、マスターカードで。

よし。

 

ぎゅうぎゅうの山手線。

とりあえず、ピンときた恵比寿駅で降りてみよう。

満員電車の中に塗り固められた人混みからぐりぐりと抜け出し、ひんやりとした夜の空気の中へ。

ちょっといい気分。

いいアンバイの喧騒が充満する駅前。

いいアンバイの人混み。

駅前の大通りから1本入るだけで、一気に「一杯やってく?」ストリート。

早速、異彩を放つバー出現。

「懐かしかぁ…」

リアルタイム世代ではないのに、襲われるタイムスリップ感。

昭和生まれの性でしょうか。

無造作に店の前に止めてあるママチャリですら、昭和感が漂ってる。

 

友達と面白半分で立ち寄るには、いいじゃないか。

半目でチェック。

 

すると、横丁に赤い光。

神社だっ。

その名も「恵比寿神社」。

 

家内安全、無病息災、五穀豊穣に御利益がある。

wikipediaより

そうな。

 

小さいけどあったかい雰囲気だった。

いいこと、あるといいなぁ。

 

 

 

さて、そろそろ身体が冷えてきたし

お供にあったかいコーヒーが欲しいな。

そこに、優しい光を放つお店が。

冷え切った身体をじゅわっとさせるため入店。

ナチュラル&ヴィンテージ感のある店内。

カウンターのタイルの色合いと質感が、「好き」ど真ん中なんですけど…

とってもかわいい。

 

メニューを見てみると、ドリンクのラインナップがとにかくたくさん。

しかも他であんまり見かけないような、オリジナリティ溢れるものばかり。

フレッシュフルーツをその場で絞ってくれたり、スムージーにしてくれるようなドリンクもたくさん。

よく見ると、カウンターの上にも周りにも、海外の朝市みたいにいろんなフルーツが並んでいる。

テンションが静かに上がる。

 

他にも、「すだち甘酒」や「ホットみかん」など和を感じさせるメニューも。

「バターナッツカボチャスープ」も美味しそう…。

オリジナルのスープっていうだけで正義を感じるよなぁ。

 

ここまで高まったところで夕飯がまだなことに気づく。

今回は当初の予定通りカフェラテをテイクアウトで注文。

あぁ…勿体無かったかなぁ。。。

応用がきかずカタクナのは、私の悪い癖だい。

うーーん、次回は絶対にスープにしよう。

 

ふわりとした雰囲気を纏った素敵な女性2人が手際よく淹れてくれる。

 

店内では外国人のお客さんが談笑していた。

お店の雰囲気と相まって、ヨーロッパの街角にあるカフェのよう。

海外の朝市のフルーツたちと相まって、ひとときのオーバーシーズ体験。

コーヒーはコクがあるのに、後味はスッキリ。

冷え切った体をぎゅっとあっためてくれる。

おいしいぞーーーー!

 

さて、香り高いこの子を片手に、夜散歩のつづきを。

 

マルゴデリエビス

〒150-0021
渋谷区恵比寿西1-17-1
プルミエール恵比寿 1F-A

03-6427-8580

月〜土 ☞ 9:00 〜 21:00
日・祝 ☞ 10:00 〜 20:00

 

Read More
やってたのしむ