ごとうらんの日々の「ひとりごと」
/

8/13 旧軽井沢にある茜屋珈琲店にて、文豪気分でコーヒーを味わう

一日遅れの更新になってしまいましたが、

今、軽井沢におりまする。

旦那さんと旅行中です。

 

避暑地の王道ですが、ぶっちゃけあんまり涼しくないです!

でも日陰に入るとグンと気温が下がるので、日差しは強いけれど気温自体は高くないぽい。

風が心地よくて、なかなか過ごしやすい気候です。

 

軽井沢といえば、プリンスホテル系列の巨大なアウトレット「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」と

星野リゾート系列の「星野エリア」

そして軽井沢らしい情景を残した「旧軽井沢」の三大エリアからなる(そんな気がする)場所。

まずは、古き良き「旧軽井沢」、通称「旧軽」から散策です。

 

旧軽井沢にある軽井沢銀座をぶらーり。

遊びに来ているとはいえ、ぐるぐると回っているとやっぱり疲れるもの。

途中、いい感じのコーヒー店を見つけたので入ってみました。

茜屋珈琲店

お店の外観も中も、すごくレトロで落ち着く雰囲気が漂う。

シックなブラックと、ラベンダーがテーマカラーのようですよ。

カウンターに通されると、目の前でコーヒーを淹れるまでの一連のパフォーマンスを見せてくれました。

手際よくお湯を銀のポットに注いで、紙のフィルターをササっとセットしてドリップ。

カップをお湯で温めながら、ぷくーっと膨らんだコーヒーを丁寧に落としていきます。

まさにプロの手捌き。動きの一つ一つがかっこいい。

 

コーヒー一杯 ¥800と決して安くはないけれど、

プロの仕事を目の当たりにする臨場感

カウンターの後ろに整然と並んだコーヒーカップの美しさ

優雅な気分にさせてくれるお店の高級感は

一見の価値あり、味わう価値あり。

 

なんだか軽井沢に別荘を構える作家にでもなった気分で、

ちょっと難しい話を始めたけれど、

収集つかなくなってお店を後にしました。

背伸びしすぎると、足、つるよね、っていう。

 

最後の写真は、旧軽井沢の路地裏にいたオウム?の鳥兄さん。

ちょっと絡んだら意気投合。

頭突き出して「撫でて」ってやってきたから

可愛いやつだ!っと思って指を伸ばした次の瞬間、

くちばしでギッと挟まれました。

 

え、なに、フェイント?

軽井沢の鳥にフェイントかけられてる、今日この頃です。

PLAYER

このコンテンツを手がける人

ごとうらん

ごとうらん

編集長・パラノアのボーカル・クリエイター

sessions for you

あなたに見てほしいコンテンツたち

ごとうらんの日々の「ひとりごと」

9/11 高井戸「Coffee Beans Shop高井戸」でとろーりなめらか豆乳ラテ

  • どこでも
  • ごとう らん
  • ごとうらんの日々の「ひとりごと」
...
人となりに会いにいこう
ごとうらんの日々の「ひとりごと」

5/9 無心でアクセサリー制作

  • どこでも
  • ごとう らん
  • ごとうらんの日々の「ひとりごと」
...
かわいのん の ガールズファッション・スナップ

HAIR

  • どこでも
  • かわいのん
  • かわいのん の ガールズファッション・スナップ
Read More
見てたのしむ