ごとうらんの日々の「ひとりごと」
/

6/8 下北沢の犬拳堂(いぬけんどう)で初代チャンピオンの「アジアンカリー」を食べる

本日はカレー曜日!

下北沢で新規開拓してきました。

犬拳堂(いぬけんどう)さんの「アジアンカリー」。

下北沢カレーフェスの初代1位だそうな!

下北沢カレーフェスっちゅうのは、年に数回(感覚だけど)開催される、カレーの祭典。

下北沢エリアのカレーが一堂に会すイベントで、カレー専門店じゃなくってもこの期間に限定カレーを考案して参加したり、できるっぽいです。

毎回150店舗くらいがエントリーする、街を挙げてのお祭りだ。

 

んがしかし、このイベント期間中でも全く関係なく、スープカレーのマジックスパイス(この「ひとりごと」でも何度も書いているマイフェイバリットカレー)やサムライ(これまたうんまいスープカレー)に直行しちゃうんだけれど、今日はせっかくなので初代チャンピオンのお店を訪問することに。

 

頼んだのは、「野菜カリー(¥850)+サラダ(¥200)」のセット(¥1,050)。

「アジアンカリー」と謳っているだけあって、ルーを口に運ぶとタイカレーを感じさせるアジアンフレーバーが鼻を抜けていきます。

そこに、ガーリックで炒め焼きした野菜がどっさりのっていて、さらに芳醇な香りがふわり。

ご飯はドライで歯切れがよく、さらっとしたルーとの絡みがいい。これは、多分タイ米カー(タイ語では女性は語尾に「カー」をつけるらしカー)。

カフェ飯的な腹八分目のちょうどいい量だけど、正直男性はちょっと物足りなく感じる人もいるかも。

タイカレーだけど、日本人向けにアレンジしてあるのか、タイのかほり(ナンプラー的な?)はでしゃばりすぎず、コクがしっかりあっておいしいです(カー)。

 

また新たなカレーの扉を開くことに成功ナイト。

やっぱりたまには、新規開拓精神も大切ですね。

PLAYER

このコンテンツを手がける人

ごとうらん

ごとうらん

編集長・パラノアのボーカル・クリエイター

sessions for you

あなたに見てほしいコンテンツたち

ごとうらんの日々の「ひとりごと」

9/13 誰かのお母さんの味

  • どこでも
  • ごとう らん
  • ごとうらんの日々の「ひとりごと」
...
ごとうらんの日々の「ひとりごと」

5/5 飛騨高山へはじめてのトリップ vol.2

  • どこでも
  • ごとう らん
  • ごとうらんの日々の「ひとりごと」
...
ごとうらんの日々の「ひとりごと」

6/18 グッドなデザインのサイン巡り in 金沢 vol.1

  • どこでも
  • ごとう らん
  • ごとうらんの日々の「ひとりごと」
...
ごとうらんの日々の「ひとりごと」

8/28 紙でできた本の良さと、さくらももこさんの話

  • どこでも
  • ごとう らん
  • ごとうらんの日々の「ひとりごと」
...
Read More
見てたのしむ