ごとうらんの日々の「ひとりごと」
/

5/7 そろそろ食器にこだわる大人になりたい

最近、食器に惹かれる。

私にもこんな時期が訪れるとは。

母が昔から食器好きで、家の特注の食器棚は母の自慢のコレクションがドヤ顔で、お行儀よくディスプレイされている。

それだから、小さい頃から行きつけの食器店に連れて行かれては、

「これ、素敵じゃない?」

「あ、このグラスいいわね!」

「ちょっと、割らないでね、気をつけて!」

 

「…う、うん…。」

 

母のテンションに全くついていけない少女・ごとうがいた。

とにかく、窮屈で退屈でしょうがなかった。

 

それがです。

30代といういい大人になって初めて、母の気持ちが少しわかってきた気がする。

今まで大してこだわっていなかった器、やけに気になる訳です。

もう家にある食器を全とっかえしたい!的衝動。

写真のお皿は、飛騨高山に行った時に買った作家さんもの。

色合いといい、サイズ感といい、一目惚れでした。

これもそうなんだけど、すごく高いものでなくてもよくて、作った人のこだわりとか、どんな風に作られたかを知って、「いいな!」と思えるもので固めたい。

大人の嗜み…ってやつですかね。うん。

 

そんなストーリーが見えるものを、ピープルセッションのストアにも置いていきたい。

今ちょっとずつですが、進めていますよ。

初めは少ないかもしれないけど、「いいな!」と思えるものだけを少しずつ増やしていけたらなぁ。

 

おやすみ明けの人も多いかと思いますが、今日からまた、良き日常を!

Read More
見てたのしむ